皮膚科で何をするの?行く意味ある?

皮膚科で何をするの?行く意味ある?

皮膚科で何をするの?行く意味ある?

 

肌荒れで皮膚科、って言っても何をするかイメージわからない人も多いはず。
ということでここで皮膚科でどんな感じの診断をするか、その流れなどを説明していきたいと思います。

 

行く意味に関してはもちろんありますよ。
トップページでも詳しく話してるので見てくださいね。

 

簡単な流れ

まず、病院に行って先生の所へ連れていかれると何が原因でそうなったのかを聞かれます。
自覚がない場合ももちろんあるのでそういう時はでき始めたときに何をしていたかを聞かれます。

 

  • どんな睡眠時間だったか。
  • どんな食べ物食べていたか
  • 汚れるようなことはしていないかなど

 

それによって出す薬や治療の方向性も変わってきます。
聞かれて改めて感じる原因というのも見つかるでしょう。

 

その次はその肌荒れの原因を解消するような方法を説明してくれます。
病院というと話を聞いて薬を出してハイ終わり、というイメージがありますが皮膚科ではカウンセリングに似たようなこともやってくれます。
ここで日々の生活で治していけるものなのか、そうでないかなど話し合います。
睡眠時間や仕事の関係でどうしても避けられないことがあるなら洗顔の方法や顔パックの方法など医師から見た正しい方法を教えてくれます。

 

こういうのって誰かがしっかり教えてくれるものではないのですごいありがたいですよ。
あなたの状態を見てから判断してくれるので一番適してる方法になりますしね。

 

最後は塗り薬、飲み薬などとりあえず症状を抑えるものを出してくれます。
アレルギーやステロイド、いろいろありますがとりあえずもらったものを使うようにすればOKです。

 

大体の流れはこんな感じでしょうか。
皮膚科に行けば大体こんな感じになります。
やっぱり意味としては直接専門家の話を聞けるのが大きいでしょうか。

 

日々思ってる疑問や不安などしっかり解消しちゃいましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ